相澤洋正 プロフィール

相澤洋正 Hiromasa Aizawa (作曲家) 

 

長野県出身。千葉大学教育学部卒業。
ピアノ曲や子どもの歌、絵本音楽、邦楽器、弦楽アンサンブルなど、多数。
2010年より参加の山中湖国際音楽祭では邦楽器と弦楽器のアンサンブル作品を発表。
「邦楽いろはにほ~」「公益財団法人しまね文化振興財団」等から委嘱を受ける。
また海外では弦楽四重奏曲「夢宵桜」はウィーンにて、朗読と音楽「一寸法師」はスイス・ルガーノにて初演されている。2015年、島根邦楽集団10周年記念委嘱作品「桜花爛漫」を作曲。
オーストリア「シェライニング音楽祭」では洋楽器と邦楽器のコラボ作品全7曲が演奏された。ピアノソロ楽譜集「Memories」出版。CDアルバム「SYMBIOSIS」発売中。
BS「音楽のある風景」OPアレンジを担当。
2017年7月オープンの日本青年館ホールの開演ベルを作曲。
日本音楽集団団員。
http://www.hiromasaaizawa.com

 

 

 

 

 

 

 

Hiromasa Aizawa (Composer)

Graduated from Education Department, Chiba University.
He has started composing for Japanese instruments since given a commission to compose for the Lake Yamanaka International Music Festival in 2010. He has also composed for “Japanese Classical Music I-ro-ha-ni-ho” and the Culture Foundation of Shimane Prefecture.
For Piano Duo Kutrowatz, he has arranged “Furusato,” “Tinsagu-nu-hana,” and “Mother.” His “Yumeyoi-zakura” for string quartet was performed first time at the Leopold Museum, Vienna, in 2012.
In October 2014, a reading and music “Issun-boushi” was performed first time in Lugano, Switzerland.
Besides composition, he is active in holding music events such as “concert for parents and children” and “relaxing concert for zero-years-old” at kindergartens and preschools.

PAGE TOP